化粧品

スキンタイプ別日焼け止めの選び方

近年では、日焼け止めの性能としてSPF50+、PA++++が当たり前になってきました。

それに加えて、ブルーライトカット機能を持つものや、大気汚染物質であるPM2.5の防御機能を持った製品も登場しています。

そんな中で、日焼け止めを選ぶ際に「とりあえず高性能のものを買っておけ!」という選択をして良いのでしょうか。

日焼け止めを選ぶ判断基準

結論から言うと、

SPFやPAの値が高いものを選べばいいのかというと、そうでもありません。

SPFやPA値を上げるためには、主に紫外線散乱剤や紫外線吸収剤を多く配合する必要があります。紫外線吸収剤はケミカルな原料なので皮膚への刺激が強くなるため敏感肌の人には向いてません。

また、紫外線散乱剤を多く配合すると肌が白くなってしまうという弊害が起こります。紫外線散乱剤は酸化チタンや酸化亜鉛といった物質がメインであり、これらはもともとが白いためどうしても肌が白くなってしまいます。

紫外線吸収剤 → 敏感肌の人には向いてない
紫外線散乱剤 → たくさん塗ると肌が白くなる

また、「作業目的」も考慮する必要があります。

夏の晴れた日に屋外で活動したり、海や山に出かけるのであればSPFが30~50は必要です。しかし、日常生活である通勤や通学、洗濯などのちょっとした外出であればSPFは15程度あれば十分だったりします。

また、SPFは30を超えると防御効果の上昇が緩やかになると言われています。以上のことから、無理にSPF 50+の製品を選択すると肌に無駄に負担をかけてしまうことになりかねません。

これらのことから、一概に「SPFとPAが高いものを選べばいい!」とは言えないことがお分かりいただけたでしょうか。

よって、

・自分のスキンタイプ
・作業目的

以上の2点を考えていく必要があります。

合わせて読みたい>>>
紫外線吸収剤と紫外線散乱剤について(準備中)

 

スキンタイプについて

スキンタイプは6つに分類されています。

下の表はフィッツパトリックのスキンフォトタイプといい、紫外線を浴びたときの皮膚の変化別に分類したものです。Ⅰは肌の白い人、Ⅵに近づくにつれて肌の色は黒くなっていきます。
またスキンフォトタイプとは別に、日本人の肌はJST(Japanese Skin Type)としてJST Ⅰ〜Ⅲの3タイプに分けられています。

・JST Ⅰ :赤くなりやすいが、黒くなりにくい
・JST Ⅱ :赤くなり、黒くなる(平均的)
・JST Ⅲ:赤くなりにくいが、黒くなりやすい

JSTに関しても、Ⅰの人ほど肌が白く、Ⅲになるにつれて肌は黒くなっていきます。

 

日焼け止めの選び方

JST(Japanese Skin Type)のところでもお話したように、スキンタイプごとに赤くなりやすいのか、黒くなりやすいのかは決まってきます。

よって、タイプ別にケアすべき紫外線の種類が変わってくるということです。

「赤くなる=UV-Bの影響」、「黒くなる=UV-Aの影響」となるので、まとめると以下のようになります。

・JST Ⅰ :赤くなりやすいが、黒くなりにくい
→ UV-Bのケアが必要 = SPFが高いものを選ぶ

・JST Ⅱ :赤くなり、黒くなる(平均的)
→ UV-BとUV-Aの両方のケアが必要 = SPFとPAが高いものを選ぶ

・JST Ⅲ:赤くなりにくいが、黒くなりやすい
→ UV-Aのケアが必要 = PAが高いものを選ぶ

以上のことを踏まえて日焼け止めを選ぶことをオススメします。

 

オススメ日焼け止め3選

SPFが高い順にご紹介します!

アリィー エクストラUVジェル 90g 日焼け止め

草花木果(そうかもっか) 日やけ止め(60mL)

スガオ (SUGAO) スノーホイップクリーム 化粧下地

 

さいごに

店頭に並んでいる日焼け止めはほとんどがSPF50+, PA++++のものばかりになっています。

その理由は「数値が高い方が選ばれやすいから」です。

似たような商品が並んでいた場合、なんとなく数値の高い方が効果が高いのかな?と感じてしまいますよね。

そうではなく、自身のスキンタイプや目的に合わせて選択するとより肌に優しいUVケアになると思うのでぜひ意識してみてください!

ABOUT ME
かない
普段は化粧品研究開発をしている兼業ブロガー。将来の夢は本を出版することと、ラジオに出演して笑いを取ること。